大人ニキビとスキンケア


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

スキンケア

社会に出ると単にモテるためとかそういう理由ではなく、たしなみの一つとして、さらに仕事の同僚や取引先の人に対してのイメージ作りとしても身だしなみにしっかり気を遣う必要が出てきます。実際営業マンの方などは見た目の爽やかさを意識してヒゲ脱毛などをする人もいます。女性であればなおのこと美肌ケアをしっかりとしている人が多いはずです。確かにキレイな肌は清潔感と直結しており、他の人に対して良いイメージを与える面で重要なことです

しかし大人になってから色々と肌トラブルを抱える例も多くあります。社会に出て忙しさから食習慣や運動の習慣が乱れて肌荒れなどにつながるケースも多いようです。学生時代は思春期特有の悩みでニキビや肌荒れなどに悩むケースも多いですが、大人になってからニキビなどの問題が出てくることもあり、大人ニキビなどという言い方もあります。大人ニキビが出てくると思春期の頃のニキビよりも治りにくいと感じることもあるでしょう。

思春期のニキビは成長過程で皮脂分泌が過剰になってしまうことで生じるということはよく知られています。ニキビができるのはおでこや鼻や頬などが主な場所です。それに対して大人ニキビの場合は口の周りやあごなどに出てしまうことが多くなります。肌のターンオーバーがうまくいっていないことが原因のことが多く、大人ニキビには大人ニキビのための適切なスキンケアをする必要があり、生活習慣も整える必要があります。

<関連記事>
保湿でスキンケア
生活習慣を見直す
ストレスは大敵